自宅で歯を白くするためには?

白い歯になりたい!ホワイトニングの施術の効果は

芸能人やモデルのように、白くて美しい歯になりたいと考えた場合に有効な方法が、審美歯科でのホワイトニングの施術です。
歯を溶かしたり削ったりする事で、色を白くしていくのではないかと考える人もいますが、ホワイトニングの施術は、歯の着色汚れを分解して落とす事によって、歯が持つ本来の白さを取り戻していくものです。ですから、歯を溶かしたり削ったりする事はありません。
そんなホワイトニングの施術の中でも、すぐに効果を実感できると人気になっているのが、レーザーや光を使って薬剤を歯に浸透させていくオフィスホワイトニングです。1回の施術で、歯の色の変化を実感する事ができます。
ただ、1回の施術で、芸能人のような歯の白さに変わるというものではなく、施術を繰り返す事で、理想の白さに近づけていく事になります。その為、審美歯科に通う時には、複数回通った場合の施術の料金を意識しておく事が大切です。
更に、歯の着色汚れというのは、綺麗に落としても、食事をしたり飲み物を飲んだりする中で、また歯に付着していく事になります。いつまでも白くて綺麗な歯を保ちたいと考えるのであれば、ホワイトニングの施術が完了した後も、定期的に審美歯科に通い、施術を受けていく事が有効です。

 

自宅で出来るホワイトニング!おすすめはこれ!
プレミアムブラントゥースはこちら!

 

ホワイトニングの痛みを防ぐ方法:痛み止めを服用

 

ホワイトニングには歯を白くする効果がありますので、白くて美しい歯を維持したい方にとっては欠かせません。しかし、ホワイトニングは痛いのがネックになっている方も多いのではないでしょうか。ホワイトニングをすることによって、歯が傷いと感じてしまうのは表面のエナメル質がホワイトニングによって刺激を受けているためです。この痛みを押させるために有効な方法は、痛み止めを飲むことです。痛み止めを飲むことによって、ホワイトニングによる痛みを抑えることができます。ホワイトニングによる痛みには個人差がありますので、すぐに収まる場合もあれば長時間続く場合もあります。ズキズキとした鋭い痛みですので、我慢をせずに痛み止めを服用することをおすすめします。また、痛み止めの服用以外にも歯に刺激を与えてしまう冷たい飲み物などは避けるようにすることが大切です。痛み止めを飲む場合には薬の作用する時間を考えて、痛いと感じる前に飲むことが最適です。ホワイトニングは歯を美しく維持するためにも最適な方法です。効果的に痛みを乗り越えるためにも、痛み止めを使うことが重要になります。歯医者でされている痛み止めの他にも、市販のものでも十分に効果はあります。

 

痛くないホワイトニングなら、これがおすすめ!
ちゅらトゥースホワイトニングの最安値はこちら!

ミュゼホワイトニングでは、歯のホワイトニングにポリリンホワイトニングという方法を採用しています。
通常のホワイトニングは染みる感じがしたり、少し歯が痛んだりというのが難点ですが、分割ポリリン酸を使うことで、これを解決し、痛みの少ないホワイトニングを実現しました。

 

痛みが少ないだけでなく、歯を守って白い状態を維持することが出来るうえ、短時間で施術を終えられるとても便利なホワイトニングの方法であり、ポリリンホワイトニングは年々注目度も上がっています。また、ホワイトニングは基本的に一定期間を空けて行いますが、分割ポリリン酸は歯を傷めないので期間を空けずに施術が出来ます。

 

ミュゼのポリリンホワイトニングは、1本から出来るので低予算で気軽にホワイトニング出来る点も魅力です。
1本500円というお手頃な料金で出来るうえ、1回から可能となっていてお試しで1回ホワイトニングをするということも出来ます。

 

ミュゼは美容サロンのイメージが強いことから女性専用と思われがちですが、もちろん男性も利用可能です。
また、ミュゼホワイトニングのスタッフは歯科医師も衛生士も女性しかいおらず、施術中は自分の好きなアロマを焚いてリラックスして施術を受けることが出来ます。

続きを読む≫ 2017/10/20 12:11:20

歯科矯正とホワイトニングは同時に行うことができます。しかし、別々の時期に行った方が効果的であるとされています。
その理由として、ブラケットの着用が挙げられます。
歯科矯正に使うブラケットは、ただ単に歯にくっついているのではなく、歯の表面を少し溶かすことでザラザラにしてから装着しています。そのため、歯科矯正中にホワイトニングを行うと、知覚過敏のような頭を感じやすくなることがあるからです。
そして、歯をザラザラにしていますので、ホワイトニングの薬剤を歯の表面にうまく塗れずに色にムラが出ることがあります。

 

そこで、ホワイトニングは歯科矯正が終了した後に行うことが良いとされています。希望すれば、先にホワイトニングをすることもできます。
しかしその効果はずっと続くわけではありません。それは、毎日の食事の中で次第に黄ばみが生じてくるからです。通常数ヶ月に一度ホワイトニングをすることで歯の白さを維持します。
しかし歯の矯正中には、綺麗に塗ることが難しくなります。

 

ただし、歯科矯正中でもホワイトニングができる場合があります。それは、ブラケットを歯の裏に付けている場合やマウスピースを使っている場合です。

 

もし裏に付けている場合であれば歯の表面は問題なく塗ることができます。もし歯科矯正とホワイトニングを同時に行いたい場合は、ブラケットの種類を選ぶという方法もありますので、その旨を歯科医に相談することが大切です。

続きを読む≫ 2017/10/13 12:10:13

ホームホワイトニングは自宅で実施するホワイトニングであり、何度もクリニックに通って施術を受けなくても気軽に実施できるのが魅力です。

 

まずクリニックに行ってマウスピースを作成してもらい、ホワイトニングに使用する薬液を購入すると自宅で実施できます。ホームホワイトニングに用いる薬液はオフィスホワイトニングで用いるものに比べると成分が異なったり、濃度が低かったりして安全に使えるようになっているのが特徴です。
あまり刺激が強くないことから痛みを伴うリスクも低く、オフィスホワイトニングが痛かったという人も心配する必要がありません。
使用している薬液の脱色能力が低いことからホワイトニングを進めるのに時間はかかります。

 

しかし、ゆっくりとホワイトニングが進行していくので、自分の好きな色合いまで白くなったところで自由にやめることが可能です。時間をかけてホワイトニングを行うと効果も持続しやすいのが特徴であり、再度ホワイトニングをする必要が生じるまでの期間が長くなります。
費用面でもホームホワイトニングは短期間で終えられればオフィスホワイトニングよりも安上がりになるため、経済的負担が気になる人にも利用できるのが魅力です。

続きを読む≫ 2017/10/06 12:09:06

ホワイトニングは歯の表面に付着している汚れを落とすために、過酸化水素や過酸化尿素を使います。実は以前、マウスの実験で過酸化水素に発がん性があると報告され禁止されましたが、ニューヨーク大学、ニュージャージー医科歯科大学、ロマリンダ大学、日本大学などで詳しく研究を行った結果、過酸化水素は短時間で強力な効果を発揮するものの1時間程度で消滅することが分かりました。また、ホワイトニングでコーティングした際、エナメル質に光を乱反射させることで歯の神経を損傷するとの噂もありましたが、薬剤の厚さのおかげで神経まで光が届かないことが証明され、後に否定されています。また、高濃度な薬剤により歯が解けてしまうとの噂も、食後に起こる再石灰化により口の中が中世に戻るとのことで、安全性が立証されました。現在は国が認定した薬剤を歯科医師が使う、または歯科医師の指導のもと正しく使うことで危険性はないとされています。
直接体には害のないことですが、ホワイトニング後24時間はコーティングがしっかり固まっていないため、歯が汚れやすいたばこやコーヒー、ワインなど歯に着色しやすい食品は避けるようにしましょう。ホワイトニング後数日間は着色を防ぐ歯磨き粉で歯を磨けば尚いいでしょう。

 

続きを読む≫ 2017/09/29 12:09:29